So-net無料ブログ作成
性同一性障害 ブログトップ

性同一性障害の患者さんの健康保険証の氏名は「通称名」でもOK [性同一性障害]

性同一性障害の患者さんの健康保険証の氏名は「通称名」でもOK

2017年8月31日、厚生労働省保険局保険課は性同一性障害と診断された患者様の被保険者証の健康保険証について、保険証の表面の氏名欄には「通称名」を記載してよいことを都道府県、全国健康保険協会、健康保険組合に通知しました。(保保発0831第3号)




健康保険証に「通称名」の記載OK
通知によると、健康保険証の表面の氏名欄に「通称名」を記載し、裏面の備考欄に「戸籍上の氏名」を記載するまたは、保険証の表面の氏名欄に「戸籍所の氏名」と「通称名」を併記することでの運用を明記しています。

2016年7月に国民健康保険の検証では通称名の記載をみとめておりましたが、2017年8月31日の通知により会社員向けの健康保険組合や協会けんぽ、75歳以上が加入する後期高齢者医療保険証における仕様も統一されました。

またQ&Aにて

「保険医療機関等から保険者に診療報酬を請求する際、戸籍上の氏名と通称名とどちらで請求すればよいか」

という質問に対しては

「表面の氏名欄に印字された氏名で請求を行うこと」

と回答されています。
氏名欄に「通称名」が記載してあれば通称名で請求するよう求めています。




健康保険証に「通称名」の記載OK
それ以外の表記としては、カルテや診察券などの氏名表記に関しては「患者へ配慮しつつ取扱いいただきたい」という記載となっております。



コメント(0) 
共通テーマ:健康
性同一性障害 ブログトップ