So-net無料ブログ作成
検索選択
抗うつ薬 ブログトップ
前の1件 | -

うつ病とノルアドレナリントランスポーターの密度についての報告 [抗うつ薬]

うつ病とノルアドレナリントランスポーターの密度についての報告

2016年9月16日、量子化学技術研究開発機構から健常者と、うつ病患者の脳内におけるノルアドレナリントランスポーターの密度の違いについての報告がありました。
うつ病発症に関わる神経伝達機能の異常発見





ノルアドレナリントランスポーター阻害薬「ストラテラ」のはたらきについて
報告によると、健常者19名と、自分を責める傾向が強く、不眠や食欲低下などの症状を認めるうつ病患者さん19名を対象として脳内のノルアドレナリントランスポーターの密度について調査が行われました。その結果、うつ病患者さんでは視床のノルアドレナリントランスポーターの密度が健常者より29%高いことが判明しました。(p=0.007有意差あり)

さらに、視床内部を7つの領域に分割して、ノルアドレナリントランスポーターの密度を調べたところ、前頭葉と線維連絡を持つ領域において、うつ病患者さんのノルアドレナリントランスポーターの密度が28.2%高いことが判明しました。(p=0.002有意差あり)

ノルアドレナリントランスポーターとは神経終末などに存在し、神経終末から放出されたノルアドレナリンをすばやく再取り込みして、その機能を調節する役割を担っています。つまり、シナプス細胞とシナプス細胞の間(シナプス間隙)にあるノルアドレナリンをシナプス細胞内に吸い込むことで、シナプス間の情報伝達量を制御しているともとらえられます。

健常者とうつ病患者さんとで注意機能検査を行ったところ、ノルアドレナリントランスポーターの密度が高いほど、反応時間が早く、視覚的探索機能が高いことが明らかとなりました。つまり、うつ病患者さんのうち「自分を責める傾向が強く、不眠や食欲低下の強いタイプの方」はノルアドレナリントランスポーターの密度が高く、それにより注意・覚醒機能が高まっている様態であることが示されました。

今回の報告では、うつ病患者さんのノルアドレナリントランスポーターの発現量が多いという報告ではなく、密度が高いという報告であることがポイントです。

既存でノルアドレナリントランスポーターを阻害する薬としてはストラテラカプセルがあります。また、トレドミンやサインバルタなどのSNRIも、そのはたらきがあります。これらの薬を使用したときの、うつ病患者さんの脳内ノルアドレナリントランスポーターの密度がどのように変化が非常に気になるところです。今後の報告に注目があつまりそうです。




前の1件 | - 抗うつ薬 ブログトップ
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村