So-net無料ブログ作成
検索選択
抗生剤 ブログトップ
前の1件 | -

抗微生物薬適正使用の手引き 第一版 平成29年6月9日 [抗生剤]

抗微生物薬適正使用の手引き 第一版 平成29年6月9日

日本医師会感染症危機管理対策室より「抗微生物薬適正使用の手引き 第一版」が公開されました。
抗微生物薬適正使用の手引き 第一版




抗微生物薬適正使用の手引き 第一版
「抗微生物薬適正使用の手引き」は薬剤対対策が国際的な課題となっていることから「薬剤耐性対策アクションプラン」がわが国で策定され、抗微生物薬の必要性について適切に判断し、必要な場合に適切に処方するよう、周知徹底を図るために開示されています。

その中に薬剤師から患者様への服薬指導が記載されていましたので以下に記します。

~急性気道感染症~
薬剤師から患者への説明例:抗菌薬が出ていない場合の対応例

あなたの「風邪」には、医師による診察の結果、今のところ抗生物質(抗菌薬)は 必要ないようです。むしろ、抗生物質の服用により、下痢等の副作用を生じることが あり、現時点では抗生物質の服用はお勧めできません。代わりに、症状を和らげる ようなお薬が医師より処方されているのでお渡しします。 ただし、色々な病気の最初の症状が「風邪」のように見えることがあります。 3 日以上たっても症状が良くなってこない、あるいはだんだん悪くなってくるような 場合や、食事や水分がとれなくなった場合は、もう一度医療機関を受診するように してください。


~急性下痢症~
薬剤師から患者への説明例:急性下痢症の場合

医師による診察の結果、今のところ、胃腸炎による下痢の可能性が高いとのこと
です。これらの急性の下痢に対しては、抗生物質(抗菌薬)はほとんど効果があり
ません。むしろ、抗生物質の服用により、下痢を長引かせる可能性もあり、現時点
では抗生物質の服用はお勧めできません。

脱水にならないように水分をしっかりとることが一番大事です。少量、こまめな水
分摂取を心がけてください。単なる水やお茶よりも糖分と塩分が入っているものの
ほうがよいです。
便に血が混じったり、お腹がとても痛くなったり、高熱が出たり、水分も取れない
状況が続く際は再度医師を受診して下さい。 抗微生物薬適正使用の手引き 第一版




抗微生物薬適正使用の手引き 第一版


前の1件 | - 抗生剤 ブログトップ
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村