So-net無料ブログ作成
利尿薬 ブログトップ
- | 次の1件

調剤薬局でフルイトランを患者さんへお渡しするときに伝えること [利尿薬]

<strong>ブログ移行のお知らせ</strong> ブログ移行に伴いまして3秒後にジャンプいたします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://kusuri-yakuzaishi.com/fluitran-thiazide-effect


フルイトランはARBとの併用や合剤として高血圧患者さんへお渡しすることがあります。私が勤務する調剤薬局のお薬の説明書き(薬情)にはフルイトランやヒドロクロロチアジドなどのサイアザイド(チアジド)系利尿薬について「このお薬は利尿薬です」と記載されています。ラシックスやダイアートなどのループ利尿薬の薬情にも同様に「このお薬は利尿薬です」と記載されています。大きな分類ではどちらも利尿薬なのですが、患者さんにとって「利尿薬=おしっこを出す薬」というイメージがあると思うと、フルイトランをお渡しするときに、いつも「利尿薬とお薬の説明書きに書いてありますけど・・・」と言い訳じみた説明をしております。特に高齢の女性にはトイレの回数が増えることに嫌悪感を示す方もおりますので、フルイトランの初回投薬には注意をしています。そこでフルイトランやヒドロクロロチアジドを誤解なく患者さんへお伝えする方法を検討します。

○チアジド系利尿薬がARBや食塩過剰摂取型高血圧症と相性がよい理由
ARB:RA系(レニンアンジオテンシン)を抑制する作用
食塩過剰摂取型高血圧症:塩分濃度の増加により血圧が上がってしまっているためRA系が活性化して血圧をあげる必要がない(RA系が不活性化している状態)
ARB作用と食塩過剰摂取型高血圧症はいずれもRA系が抑制されている状態にあります。
チアジド系利尿薬は尿細管でのNa再吸収抑制し、循環血流量を減少させることにより降圧効果を示します。通常であれば循環血流量が下がるとRA系が活性化して血流量及び血圧を上昇させます。しかし、ARBまたは食塩過剰摂取型高血圧症によりRA系が抑制されているためチアジド系利尿薬で低下した循環血流量をそのまま低く維持し続けることができます。これらの理由によりARBと併用する場合、チアジド系利尿薬は低用量でも降圧効果が期待できます。用量をあげると低カリウム血症や高尿酸血症のリスクが増すため、チアジド系利尿薬を併用する場合は通常量の1/2や1/4量で使用されます。

○RA系抑制状態でラシックスorフルイトランを投与されたら
~ラシックスの特徴(インタービューフォームより)~
・利尿作用は用量依存的に増す。血管拡張作用あり
・尿量を30~50%増加させるような利尿効果を得るためには血中濃度を0.2~0.3㎍/mlとする必要がある
・ラシックス40mgを投与すると4時間30分間程度は血中濃度が0.2~0.3㎍/mlを上回っている。
・1日の蓄積尿量は2.5Lほど

私独自の解釈ですが、RA抑制状態でラシックスが投与された場合について想定します。
RA系抑制状態とはいえ短時間で急速に循環血流量が低下した場合、一時的にですがRA系が賦活化し、最低限の血流維持のため循環血流量を回復するようRA系が機能亢進すると解釈しています。実際、尿量は4時間以上30~50%増した状態で排泄されるわけです。さらに通常1日の尿量は1~1.5Lと言われていますが、ラシックスを飲むと2.5Lまで増加します。その差1Lの循環血流量を保持するため、ラシックスはRA系の一時的な賦活化に寄与してしまうと私は考えています。




2.調剤薬局でフルイトランを患者さんへお渡しするときにお伝えすること



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
- | 次の1件 利尿薬 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。