So-net無料ブログ作成

2016年10月よりデパス(エチゾラム)、アモバン(ゾピクロン)および鏡像異性体が向精神薬に指定 [医療ニュース]

2016年10月よりデパス(エチゾラム)、アモバン(ゾピクロン)が向精神薬に指定

平成28年7月、厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課から開示された「麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令の一部を改正する政令の概要」によると、向精神薬と同種の濫用のおそれがあり、かつ、同種の有害作用を有すると認められた3物質を向精神薬として指定するため指定政令を改定するとして、
ルネスタが向精神薬に指定されない理由




平成28年9月14日アモバン・デパスを向精神薬へ指定する官報告示
・アモバン(ゾピクロン)および鏡像異性体
・デパス(エチゾラム)
・Phenazepam

上記3物質について、平成28年9月に上記内容が公布され、平成28年10月から向精神薬としての取り扱いとなることとなりました。

エーザイへ確認したところ、ルネスタに関しては向精神薬の指定はうけていないとの回答をえました。

アモバンを販売している日医工、デパスを販売している田辺三菱のサポートセンターへ確認の電話をしたところ、9月公布予定、10月施行予定となっており、それ以上の情報はありませんと回答を得ました。

厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課から開示される情報を待つか、MRの情報提供を待つかということになりまそうです。

デパス・アモバンに関しては、患者様および処方元への処方日数制限について説明するとともに、鍵のかかる場所へ保管し、定期的に棚卸をすることとなりそうです。

今回指定された3物質のうち、Phenazepamは国内では医薬品登録されておりません。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康