So-net無料ブログ作成

エパデールS(イコサペント酸)やロトリガの効き目を患者さんにお伝えする [抗コレステロール薬]

エパデールS(イコサペント酸)やロトリガの効き目を患者さんにお伝えする

魚の脂を由来としている医薬品であるエパデールS(EPA製剤)やロトリガ(EPAとDHAの混合製剤)は脂質異常症の適応を持っています。2015年12月17日に、京都大学の研究チームがマウスを使った実験でそのメカニズムの一部を解明され、イギリス科学雑誌「Scientific Reports 」オンライン版に公開されました。
魚の油がベージュ細胞の発現を促進する(原文)




運動がベージュ細胞の分化を誘導する
エネルギー代謝に関する人の細胞組織を大きく分けると2種類に分類することができます。皮下や内臓に分布して体内の余分なエネルギーを脂肪として貯め込む“白色脂肪組織”と胸部や鎖骨周囲に分布し、脂肪を分解して熱エネルギーとして利用される“褐色脂肪組織“の2種類です

近年、上記2種類の細胞に加えて、白色脂肪組織に褐色脂肪のような色で褐色脂肪のような機能を有する褐色化が起こり“ベージュ細胞”または“ブライト細胞”と呼ばれる脂肪組織が注目を集めています。

このベージュ細胞は独自の遺伝子パターンを示します。これまでの研究により白色脂肪細胞を有するマウスを寒冷暴露に晒したり、長時間の持久的運動トレーニングを行わせるとベージュ細胞の分化が進むことが見出されていました。

今回公開された京大のデータによると、10週間にわたりDHAやEPAを餌に加えたマウスは、高脂肪食の餌を摂取したマウスに比べて、酸素消費量が増加し、体重減少および体脂肪蓄積が抑制されることが報告されました。このことからDHAやEPAを摂取すると褐色細胞組織およびベージュ細胞組織の発現誘導が促されていることが確認されました。

今回マウスに投与されたDHAおよびEPAの摂取量をヒトに換算すると1日5〜6gに相当します。エパデールSの1日最大使用量が2.7gであり、ロトリガの1日最大量が4gであることを考えると、今回のデータでマウスに与えられた量がヒトに応用することを想定していることがわかります。

また、同研究グループはDHAやEPAなどの魚油による作用点としてトウガラシの主成分「カプサイシン」の受容体“TRPV1(胃腸に分布している)”により引き起こされる褐色脂肪およびベージュ細胞の発現促進によるものであることも示しました。

唐辛子の主成分カプサイシンと魚の油であるEPAおよびDHAは、味も食材も違うため、まったく違う食品のように思えます。しかし、その化学構造や分子量を確認してみると
カプサイシンの分子量:305.41g/mol
EPAの分子量:302.451g/mol
DHAの分子量:328.49g/mol
カプサイシンon.jpg
上記3成分はいずれも長い側鎖をもっており、比較的構造がにていることが分かります。各成分はTRPV1受容体に結合することが今回の京大のデータにより見出されたわけですが、その構造および分子量から考えると各成分と受容体とは同じ比率で結合することが推測されます。そのためカプサイシンを1日5〜6g摂取することは味覚的にも消化器的にも現実的ではありませんが、魚油を1日5〜6g摂取することは現実的数値と言えます。

まとめ
エパデールSやロトリガの服用を続けると脂肪を熱エネルギーに変えるための細胞を増やす働きが見出されました。そのため服用を続けることがエネルギー代謝を高め脂質異常症の改善につながります。イメージがわきにくいかもしれませんが、エパデールSやロトリガを摂取すると、唐辛子でおなじみのカプサイシンという辛味成分を摂取したときと同じメカニズムで脂肪燃焼効果があらわれます。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康