So-net無料ブログ作成

水分摂取は女性の尿路感染症リスクを抑える [膀胱炎]

水分摂取は女性の尿路感染症リスクを抑える

2017年10月に開催された米国感染症学会において、水分摂取量を増やすと尿路感染症のリスクが半減されるという報告がありました。
尿路感染症について




高齢者の尿路感染症の特徴と予防
マイアミ大学医学部感染症部門が実施したデータによると、閉経前女性140人を対象としており、その半数は通常どおり水分を摂取する群(通常群)に、残りの半分は1日当たり通常の水分摂取に加えて1日当たり1.5L(コップ6杯程度)の水を摂取する群(飲水群)に振り分けて尿路感染症リスクを確認しているものです。

試験開始後、水分摂取量や尿量、濃度、排尿頻度、泌尿器症状を評価項目として調査されました。

12か月後の飲水量を比較してみると
飲水群の平均飲水量は1日あたり1.15Lであり、通常摂取する水分を合計すると1日水分摂取量は2.8Lでした。一方、通常群の水分摂取量は、その半分以下という結果でした。

12か月後までの尿路感染症発症数を比較してみると
通常群では平均3.1件であるのに対し、飲水群では1.6件となり飲水により尿路感染リスクが半減しているという結果となっています。

女性は男性にくらべて尿道の長さが短いため尿路感染症リスクが高いわけですが、水分を摂取することで、排尿回数が増え、膀胱内の水分貯留時間が短くなることで菌の繁殖が低減したことが示唆されています。
尿路感染症について




高齢者の尿路感染症の特徴と予防
冬は気温低下にともない発汗量も低下するため、水分摂取量も下がる季節です。高齢の女性の方の中にはトイレに行く回数が増えることを嫌うあまり、必要最小限の水分しか摂取しない方もおられます。その結果、膀胱内の環流頻度が低下し膀胱炎などの尿路感染リスクが増加します。

今回の公開されたデータは膀胱炎で悩む女性の方々にとって具体的なデータとして受け入れていただける内容なのではないでしょうか。
尿路感染症について




高齢者の尿路感染症の特徴と予防



コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。