So-net無料ブログ作成

リリカOD錠の苦みについて [口腔内崩壊錠(OD錠)]

リリカOD錠の苦みについて

リリカOD錠が発売されて以降、リリカカプセルからリリカOD錠への処方変更をよく見かけるようになりました。リリカを服用している患者様は、どちらかといえば高齢者が多い印象があり、その嚥下補助としてもOD錠は有用な剤形に感じております。しかし一方で、思っている以上に「リリカOD錠が苦い」という声を耳にします。
医薬品登録されているOD錠の50%に甘味料が含まれている




痛み止め“ノイロトロピン”の効能効果を患者様へお伝えする
OD錠は口の中で溶けるお薬なので、薬の説明書(薬情)には“水なしでも口に入れると溶
ける薬”と記載されている薬局もあります。

私もリリカOD錠が発売される前に、そのサンプルを水なしで味見してみました。口にいれた瞬間は、それほど感じないものの、薬が溶けるにしたがって苦みが口の中に広がるのを経験しました。

そのため、私はリリカカプセルからリリカOD錠へ切り替わる患者様に対して
「リリカOD錠は口の中で溶けるタイプの錠剤です。カプセルよりも飲みやすいですが、水なしで飲むと徐々に苦みが口の中に広がりますので、お水でゴクンと飲むようにしてください」
とお伝えしております。

先発医薬品の中には普錠やカプセル剤として発売を開始し、ジェネリック医薬品が発売される直前に同一成分のOD錠を発売する先発メーカーがあります。
医薬品登録されているOD錠の50%に甘味料が含まれている




痛み止め“ノイロトロピン”の効能効果を患者様へお伝えする
「タケプロンODって美味しいわね」

とおっしゃる患者様の声を聴くと、OD錠の味がコンプライアンス向上に寄与しているなぁと強く感じます。一方で、味の選定次第では真逆の結果となることもあるため、難しさもあります。実際、医薬品登録されているOD錠を確認してみると添加物に甘みや味を加えている医薬品は半数ほどであることがわかりました。

リリカOD錠は、そのままの味で勝負してみたわけですが、現場ではたらく私の感想としては
「うーん、カプセルからOD錠へ切り替える際に“味”の言い訳をしなきゃならないなぁ」
と感じるようになりました。

リリカのように、今後OD錠を発売する薬としてはリクシアナOD錠が今後発売予定となっております。特徴としては普通錠とOD錠は、ほぼ同じ錠剤形ということで、患者さんが違和感なく手にとれるのではないでしょうか。さらに薬局としては分包機のカセットをつかいまわせるという利点があり、有用な剤形に感じます。あとは“味”に対してどこまで患者様のニーズに沿う医薬品となるか期待したいです。
医薬品登録されているOD錠の50%に甘味料が含まれている




痛み止め“ノイロトロピン”の効能効果を患者様へお伝えする


コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。