So-net無料ブログ作成
検索選択

吸入指導依頼書と服薬情報提供料について [吸入薬]

吸入指導依頼書と服薬情報提供料について

病院が新規で吸入薬を患者様に処方する際に、処方箋と一緒に「吸入指導依頼書」という用紙を患者様にお渡しする医療機関があります。群馬県薬剤師会や青森県薬剤師会では「吸入指導依頼書」を応需した保険薬局は患者様の同意を得たうえで服薬情報提供料を算定する流れを推奨しています。
群馬県薬剤師会が公開している「吸入指導依頼書」




青森県薬剤師会が公開している「吸入指導依頼書」
服薬情報提供料とは
患者若しくはその家族等、若しくは保険医療機関の求めに応じ、又は薬剤師がその必要性を認めた場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者若しくはその家族等、又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に、所定点数を算定する。

服薬情報提供料(補足)として
処方せん発行保険医療機関から次の(イ)若しくは(ロ)に掲げる情報提供の求めがあった場合にその理由とともに、患者の同意を得て、現に患者が受診している保険医療機関に対して、当該患者の服薬状況等について書面又は電子的な方法(以下「文書等」という。)により提供したときに算定できる。
(イ) 当該患者の服用薬及び服薬状況
(ロ) 当該患者に対する服薬指導の要点、患者の状態等

上記の内容だけを見ると“今使用している薬についての服薬情報を処方元へ提供することが算定要件”という感じにも解釈できます。新規で処方された“吸入薬”について吸入指導を行ったときに服薬情報提供料を算定できるかどうかは地域の支払基金側の解釈によって異なります。
群馬県薬剤師会が公開している「吸入指導依頼書」




青森県薬剤師会が公開している「吸入指導依頼書」
実際に、青森県・栃木県・群馬県・岩手県などの総合病院では病院のホームページに吸入指導依頼書を発行することを公開しています。これらの地域では吸入指導依頼書により服薬情報提供料を算定できるという解釈が支払基金側によりなされているように感じます。

一方で、上記の県以外では、服薬情報提供料は新規で処方された医薬品の服薬指導時には算定できないと解釈され、算定しても返戻を受けることがあります。

新規で処方された吸入薬の使用方法を正しくお伝えして、喘息治療を自己判断で中止調節しないようお伝えすることには、熱意と誠意が必要です。保険薬局としては服薬情報提供料を算定できれば「対人業務での対価」と感じることができます。各県の薬剤師会は青森県や群馬県の薬剤師会のように率先して吸入指導依頼書の意義を開示して病院や支払基金へ有用性を訴えていただきたいと感じます。
群馬県薬剤師会が公開している「吸入指導依頼書」




青森県薬剤師会が公開している「吸入指導依頼書」
もし上記の県以外で算定を考えている保険薬局がございましたら、事前に支払基金側(社保や国保連合会)に“吸入指導依頼書による服薬情報提供料の算定“について確認してみてもいいかもしれません。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村