So-net無料ブログ作成

薬価制度の抜本的見直しについての具体案(平成29年5月23日) [薬価制度]

薬価制度の抜本的見直しについての具体案(平成29年5月23日)

平成29年5月23日、政府の経済財政諮問会議において“薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革”に関する資料が公開されました
薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革




平成29年第8回経済財政諮問会議内閣府
以下に概要を記します。

~後発医薬品について~

・長期収載品の薬価引き下げ、後発医薬品への置換えを進め、医薬品産業を高い創薬力を持つ産業構造に転換(長期収載品に依存しないビジネスモデルを確立)

・後発医薬品数量シェア80%目標の達成を平成32年9月(2020年9月)とし、「医薬品産業強化総合戦略」の見直しに着手

・バイオ医薬品及びバイオシミラーの研究開発支援方針等を拡充しつつ、バイオシミラーの医療費適正化効果額・金額シェアを公表するとともに、平成32年度末までにバイオシミラーの品目数倍増を目指す

~新薬創出等加算の見直し・費用対効果評価の導入~

・対象となる医薬品の範囲、企業要件を見直し

・費用対効果について、①評価のための新たな組織・体制整備、②薬価引き上げを含め、真に有効な医薬品を適切に評価
薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革




平成29年第8回経済財政諮問会議内閣府

~薬価制度の再構築~

・これまでの2年に1度の薬価改定に加え、一定規模以上の市場拡大があった場合、年4回の新薬収載の機会に速やかに薬価を見直すとともに、中間年の薬価改定を実施し、国民負担を軽減する(価格乖離の大きな品目について薬価改定を実施)

・薬価算定方式について、網羅的で代表性のある外国価格を参照するなど、正確性・透明性を向上

~患者本位の医療分業の実現~

・かかりつけ医、かかりつけ薬剤師・薬局の取組をさらに進め、重複投薬を防止

・電子版お薬手帳等(ICT)を活用した疾患や服薬状況に関する情報共有を推進

・薬局が果たすべき機能に応じた評価をさらに進める

・後発医薬品使用促進体制の評価の見直しを検討

・リフィル処方(反復しようできる処方箋)の推進を検討

内閣府において“薬価制度・調剤報酬”に関連する具体策が話し合われたことを受けて、厚生労働省がどのような方針を示すか注目です。
薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革




平成29年第8回経済財政諮問会議内閣府


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0