So-net無料ブログ作成
検索選択

かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について [医療ニュース]

かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について

平成29年(2017年)3月30日付で作成された「かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標」の資料が公開されました。1年後に控えている平成30年度の診療報酬改定への影響が気になるところです。
かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について




平成28年度調剤報酬改定等に関する資料
以下に概要を記します。

「かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標」= KPI

KPIの定義、測定の考え方
・「患者のための薬局ビジョン」において示すかかりつけ薬剤師としての役割を発揮できる薬剤師を配置している薬局数

・かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料の算定件数

・重複投薬・相互作用等防止に係る調剤報酬の算定件数

・一人の患者が同一期間に3つ以上の医療機関から同じ成分の処方を受けている件数

・在宅患者訪問薬剤管理指導料等の算定件数

・後発医薬品の数量シェア
かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について




平成28年度調剤報酬改定等に関する資料

~KPIに関して厚生労働省としての提案項目~
・服薬情報の一元的・継続的把握に関する指標として
“電子版お薬手帳を導入している薬局数”

・24時間対応・在宅対応に関する指標として
“在宅業務を過去1年間に平均月1回以上実施した薬局数”

・医療機関等との連携に関する指標
“地域ごとの地域包括システムに関する内容を含む研修を修了した薬剤師のいる薬局数”
(地域包括システムに関する内容を含む研修=健康サポート薬局研修)

・薬学的管理・指導の取組を評価できる指標
“プレアボイドや医療安全対策推進事業”
“医師に対して、患者の服薬情報等を示す文書を提出した実績”
“医師に対して、受診勧奨した来局者の状態を示す文書を提供した実績”
“服薬指導に際し、検査値、疾患名等の患者情報を医療機関から受け取った実績”

~かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価について(案)~
Ⅰ:薬局昨日情報提供制度の項目の拡充
・患者の服薬情報の一元的・継続的把握のためのICT化の取組の有無
“電子版お薬手帳”、“電子薬歴”

・健康サポート薬局研修終了薬剤師人数

・地域の医療機関等との連携体制への参加の有無及びその参加活動の名称

・医師に対して、患者の服薬情報等を示す文書を提供した実績の有無

・退院時カンファレンスへの参加体制の有無

~薬剤師・薬局の実態に係る調査の実施~
・医薬品販売制度の実態調査に加え、薬刺し・薬局の取組状況や患者意識や満足度の調査

~KPIの設定・把握~
年1回の頻度で全薬局の情報を把握する

・電子版お薬手帳又は電子薬歴システム等、ICTを導入している薬局数

・在宅業務を過去1年間に平均月1回以上実施した薬局数

・健康サポート薬局研修を修了した薬剤師を配置しており、地域ケア会議に出席している薬局数

・医師に対して患者の服薬情報等を示す文書を過去1年間に平均月1回提供した実績がある薬局数

上記の全項目が前年度に比べて増加
かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について




平成28年度調剤報酬改定等に関する資料
今回公開された“かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価“は非常に具体的にその指針を公開しています。厚生労働省が公開する(案)という内容は、おおむねその内容が本案として流用されるイメージがあります。平成30年度調剤報酬改定まで1年を切っていますがこの指標を受けて、行動に移すことができる事例を増やしていくのも手かもしれません。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村