So-net無料ブログ作成
検索選択

薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン [医療ニュース]

薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン

2017年3月31日「薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン」が日本薬剤師会・日本保険薬局協会・日本チェーンドラッグストア協会の3団体の自主基準として公開されました。
薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン【概要】




薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン の詳細(全12ページ)
このガイドラインは3団体が“自主基準”という体で作成していますので、各薬局はこのガイドラインを踏まえた上で具体的な譲受手順を作成する感じになるかと思います。

~ガイドラインで明確に追記された内容~

・譲渡人(売る側)の薬局において対面で譲受すること

・売る側が買う側に対して薬局開設許可書(写)を提出してもらう

・売る側が買う側の薬局許可番号・連絡先などの情報を確認する

・売る側が買う側に対して身分証明書の提示を行い、本人確認を行う
尚、上記の追記内容は過去に取引実績があり、双方が薬局開設許可を受けていることを認知していれば必ずしも確認する必要はないとしています。

頻度は非常に低いのですが、卸のMSさんが医薬品を小分け購入しに来ることが過去にありました。今回のガイドラインを順守するのであれば・・どうなるのでしょうか。
薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン【概要】




薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン の詳細(全12ページ)
~記録事項~
○譲受人(購入・受領する薬局) が行うこと

(1)記載事項

医薬品に関する情報
① 製造販売業者
② 医薬品名
③ 規格
④ 数量
⑤ 製造番号・記号
⑥ 使用期限(有効期間)

譲受日、譲渡人に関する情報
⑦ 譲受年月日
⑧ 薬局名
⑨ 薬局の連絡先
⑩ 医薬品を渡した者(担当薬剤師
または窓口対応者)
(2)保存期間 : 記載の日から 3 年間


○譲渡人(販売・授与する薬局)が行うこと

(1)記載事項
医薬品に関する情報
① 製造販売業者
② 医薬品名
③ 規格
④ 数量
⑤ 製造番号・記号
⑥ 使用期限(有効期間)

譲渡日、譲受人に関する情報
⑦ 譲渡年月日
⑧ 薬局名
⑨ 薬局の連絡先
⑩ 薬局開設許可番号
⑪ 医薬品を受け取った者
(2)保存期間 : 記載の日から 3 年間
薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン【概要】




薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン の詳細(全12ページ)

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村