So-net無料ブログ作成
検索選択

ベンゾジアゼピン系医薬品の漫然投与による依存性についての添付文書改訂 [睡眠薬]

ベンゾジアゼピン系医薬品の漫然投与による依存性についての添付文書改訂

厚生労働省生活衛生局は2017年3月21日 “催眠鎮静薬、抗不安薬及び抗てんかん薬の「使用上の注意」改訂について日本製薬団体連合会に通知しました。
ベンゾジアゼピン系の漫然投与と依存性についての添付文書改訂通知




ベンゾジアゼピン系の漫然投与と依存性についての添付文書改訂通知
主な内容としては
・用量及び使用期間に注意し、慎重に投与すること。

・ベンゾジアゼピン受容体作動薬等の医薬品について漫然とした継続投与による長期使用を避けること。

・投与を継続する場合は治療上の必要性を検討すること。

・投与中止の場合は徐々に減量するなど慎重に行うこと。

・刺激興奮、錯乱などがあらわれることがあるので、観察を十分に行うこと。

などです。

この通知を受けて2017年3月21日付で
連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること。本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討すること(「重大な副作用」の項参照)。

という文言が以下の添付文書に追加されました。

漫然投与という文言が添付文書に記載された場合、調剤薬局は「定期服用している薬が月余にわたる漫然投与でないことを疑義照会により処方元へ確認する義務」があります。
ビタミン剤、ガスモチン、サアミオン、キネダック、ケタス、セロクラールなどの薬がこれまで漫然投与リストとして厚生局による個別指導の対象リストとして挙がっていましたが、このリストにベンゾジアゼピン系医薬品が追加されたことになります。
ベンゾジアゼピン系の漫然投与と依存性についての添付文書改訂通知




ベンゾジアゼピン系の漫然投与と依存性についての添付文書改訂通知

~該当品目~
アモバン錠(ゾピクロン)
イソミタール原末(アモバルビタール)
エスクレ坐剤(抱水クロラール)
エバミール錠/ロラメット錠)(ロルメタゼパム)
エリスパン錠(フルジアゼパム)
エリミン錠(ニメタゼパム)
コレミナール錠(フルタゾラム)
コンスタン錠、ソラナックス錠(アルプラゾラム)
コントール錠(クロルジアゼポキシド)
サイレース錠(フルニトラゼパム)
セパゾン錠(クロキサゾラム)
セルシン錠(ジアゼパム)
セレナール錠(オキサゾラム)
ソメリン(ハロキサゾラム)
ダルメートカプセル(フルラゼパム塩酸塩)
デパス錠(エチゾラム)
ドラール錠(クアゼパム)
トリクロリールシロップ(トリクロホスナトリウム)
ネルボン錠/ベンザリン錠(ニトラゼパム)
ハルシオン錠(トリアゾラム)
ヒダントール配合錠、藤永製薬(フェニトイン・フェノバルビタール・安息香酸ナトリウムカフェイン)
フェノバール(フェノバルビタール)
プリミドン錠(プリミドン)
ブロバリン原末(ブロモバレリル尿素)
マイスタン錠(クロバザム)
マイスリー錠(ゾルピデム酒石酸塩)
ミダフレッサ静注(ミダゾラム)
メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)
メレックス錠(メキサゾラム)
メンドンカプセル(クロラゼプ酸二カリウム)
ユーロジン錠(エスタゾラム)
ラボナ錠(ペントバルビタールカルシウム)
リーゼ錠(クロチアゼパム)
リスミー錠(リルマザホン塩酸塩水和物)
リボトリール錠/ランドセン錠(クロナゼパム)
ルネスタ錠(エスゾピクロン)
レキソタン錠(ブロマゼパム)
レスタス錠(フルトプラゼパム)
レスミット錠(メダゼパム)
レンドルミン錠(ブロチゾラム)
ワイパックス錠(ロラゼパム)
注射用アイオナール・ナトリウム(セコバルビタールナトリウム)
複合アレビアチン配合錠(フェニトイン・フェノバルビタール)

ベンゾジアゼピン系の漫然投与と依存性についての添付文書改訂通知




ベンゾジアゼピン系の漫然投与と依存性についての添付文書改訂通知


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村