So-net無料ブログ作成

ノイロトロピンの効果を患者さんへお伝えする [しびれ、痛み、麻痺 末梢性神経障害]

ノイロトロピンの効果を患者さんへお伝えする
<strong>ブログ移行のお知らせ</strong> ブログ移行に伴いまして3秒後にジャンプいたします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://kusuri-yakuzaishi.com/neurotropin-effect


慢性疼痛や帯状疱疹後疼痛で治療されている患者さんへ処方される薬に「ノイロトロピン」があります。鎮痛剤と言えばNSAIDSやオピオイド系といった疼痛緩和治療の柱となる薬に光があたりがちですが、今回は疼痛緩和治療のサポート的役割を担う「ノイロトロピン」の作用機序および患者さんへお伝えする内容について考えてみます。

ノイロトロピンの薬理作用
末梢で感じた痛み刺激の興奮は脊髄から脳に到達して、その痛み部位や痛みの強さが認知されます。これらの痛み刺激を軽減させる目的で、我々の体には痛み刺激をやわらげる「下行性疼痛抑制神経」という神経が脳(視床下部・中脳)から脊髄にかけて分布しています。下行性疼痛抑制神経にはセロトニン作動性神経とノルアドレナリン作動性神経の2つがあり、いずれも活性化することで疼痛緩和作用(鎮痛作用)を現わします。ノイロトロピンはこの2つの下行性疼痛抑制神経を活性化することで鎮痛作用をあらわすものと考えられています。

特にセロトニン作動性神経による下行性疼痛抑制作用については研究が進んでおり、脊髄への下行性セロトニン神経の主要な起始核である大縫線核において、ノイロトロピンがセロトニン神経に内向き電流を誘起して活動電位の発生頻度を顕著に増加させることが明らかになっています。
ノイロトロピンによるセロトニン下行性疼痛神経抑制系の賦活化と鎮痛作用




ノイロトロピンと類似作用をもつサインバルタの腰痛症適応について
この働きによりノイロトロピンは消炎鎮痛作用やモルヒネとは異なる作用により、もとより体に備わっている疼痛抑制機構の一つである下行性疼痛抑制神経を直接賦活化することで鎮痛効果を現わすことが示唆されています。

また、下行性疼痛抑制神経賦活化作用に加え、侵害刺激局所における発痛物質であるブラジキニンの遊離抑制作用や末梢循環改善作用等が考えられています。
(インタビューフォームには、ノイロトロピンの濃度依存的にブラジキニンの遊離減少データが記載されています。末梢循環改善作用に関しては、サーモグラフィーによる下肢の皮膚温度変化データが示されており、ノイロトロピン2錠服用により患部皮膚温度の改善が認められています)

個人的な感想で恐縮ですが、ノイロトロピン錠のインタビューフォームはカラー表示で非常に見やすいなっており、さらに具体的な写真データも挿入されていて、とても理解しやすい内容となっていると感じました。

まとめ
ノイロトロピンをお渡しするときに患者さんへお伝えする内容
「このお薬は体の中に備わっている”痛みを和らげる神経”のはたらきを高めることで、痛みを緩和させるお薬です。さらに患部に痛み成分(ブラジキニン)が集まることを抑える効果も付随しており鎮痛作用を現わします。個人差はありますが2週間ほど飲み続けることで神経の働きが高まり、鎮痛効果を実感できるようになるお薬です。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村


薬剤師 ブログランキングへ



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。