So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

窓枠に両面テープではった結露シート・断熱シートをはがす方法 [両面テープのはがしかた]

窓枠に両面テープではった結露シート・断熱シートをはがす方法

私は北国に住んでいるため、毎年冬になると結露対策として窓枠に結露シートや断熱シートを貼ります。3月~4月になり、暖かくなってくると窓枠(サッシ)に貼ったシートをはがすのですが、両面テープで貼っているために、きれいにすっきりはがすためには時間を要します。





これまでに患者様との雑談の中で、2度だけですがこの手の話題について質問を受けたことがあります。一応ですが、学生時代に薬学で有機化学について学んでいたような気がするので、知らなくはない話題かなぁと思います。

今回は薬とは関係ないのですが、窓枠(アルミサッシ・プラスチック)に長年貼り続けた両面テープのはがし方について記します。

~窓枠にはった両面テープのはがし方~
天候:暖かい日に作業する
窓枠がキンキンに冷たい時は避け、外気温、室温ともに10℃以上ある日を選んだ方がいいかもしれません。さらに窓枠が結露でびしょびしょになっていると以下の作業はできません。作業する日の天候・窓枠のコンディションを確認することは非常に大切です。

使う道具
・KURE5-56無香性スプレータイプ
・ティッシュペーパー
・100均で売っているプラスチック定規15cm

いわゆる“シールはがし“という商品が販売されているので、それを使っても以下の手順でうまくいくかもしれませんが、”シールはがし”には様々な商品があり良し悪しが分かりませんのでKURE5-56無香性スプレーを使用したときの方法を下記します。





作業方法
① 窓枠(アルミサッシ、プラスチック製)に付着している結露シートや断熱シートを可能な限り手ではがします。(おおざっぱで大丈夫です)

② 窓枠に付着している両面テープの上からKURE5-56無香性スプレータイプをふりかけます。

③ 両面テープがスプレーでしっとりしてくるので、ティッシュペーパーを貼り付けます。

④ ティッシュペーパーが少し透ける程度までKURE5-56無香性スプレーをふりかけます。

⑤ 10分ほど放置します。10分経過したら再度KURE5-56無香性スプレーをふりかけます。

⑥ さらに10分放置します(ここまでで20分経過)。再度KURE5-56無香性スプレーをふりかけます。

⑦ さらに10分放置します(ここまでで30分経過)。





KURE5-56無香性スプレーを両面テープにふりかけて30分ほど経過すると、両面テープの粘着面にKURE5-56が浸透していきます。両面テープの粘着力がKURE5-56によって薄められるイメージです。薄められるまでに30分ほどの時間を必要とします。何年も前から貼ってある両面テープをはがすのであれば、もう少し時間が必要かもしれません。

⑧ 100均で売られている15cmプラスチック定規をつかって削るように両面テープをはがす

⑨ はがれにくい場合は④に戻ってKURE5-56無香性スプレーがしみこむのを待つ

注意点:KURE5-56無香性が両面テープに十分しみこんだ状態をしっかり把握することです。しみこみが弱いとはがれません。極端な話ですが、マイナスドライバーを使って力ずくで両面テープを削りはがそうとしても、はがれません。

KURE5-56無香性がしみこめばプラスチックの定規で削りはがすことができます。

注意点:プラスチック定規は折れやすいので破片が手や目に刺さる可能性があります。作業をするときは軍手・メガネの着用をおすすめします。
パワーLPSwith乳酸菌サプリ
コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。